特易購(TESCO)は全世界で最も有名な三大小売販売企業の中の一つです。--イギリスTESCOグループは中国で名称登録されました。2004年に中国市場に参入し、2013年2月の初めまでに、TESCOはすでに115社のスーパーマーケット(楽購)、大型スーパーマーケット1つ、ショッピングセンター8つ、コンビニ14か所が階段的に開店され、会員の総合は700万人を上回ります。
1959年に創立されたフランスの「家楽福」カルフールグループがショッピングモール形態のパイオニアであり、ヨーロッパで一位、全世界で二位の多国籍の小売企業で。全世界30か国余りで約1万店の店舗を運営し、「家楽福」カルフールグループ会社にはショッピングモール、スーパー、アウトレット、コンビニ及び会員制量販店を運営しています。顧客に多種類の低価商品と総合的なサービスを提供しています。また、2012年、「家楽福」カルフールはフォーチュン上位500社の中で、39位となっています。
1995年、「家楽福」カルフールは中国市場に参入し、北京で第一号店をオープンしました。2013年までに、「家楽福」カルフールは中国の73都市で236のショッピングモールを設け、総社員数は6万人余りに達しています。
また、「家楽福」カルフールは“ローカル化戦略”を方針として、現地企業と共に出資し、合併会社を設立しました。そのうち、中国側の株は30%~45%に達し、そして2万社以上の現地サプライヤーと良好な関係を築いています。18年間実施した“ローカル化戦略”を通して、現地で数多くの人材を育ちました。現在、中国人の一般従業員は99%以上、中国人の店長は97%を占めています。また、販売している商品の99%は中国製の商品です。

中国社会の一員として、「家楽福」カルフールは食品の安全問題と「農販直結」方針を重視しています。「農販直結」のプロジェクトに関しては、120万人以上の農家と関係し影響を与えました。その他、「家楽福」カルフールは積極的にイベントや公益事業にも参加しています。そして、中国にある「家楽福」カルフールは4年連続で中国外資企業の “明るい公益賞”で最優秀賞を獲得しました。

また、中国の小売業の発展に尽力し、中国の消費者からますます愛されるブランドになるよう日々取り組んでいます。